ナビ・ホーム3 ナビ・活動3 組織・規約 ナビ・紹介3 ナビ・近況3 ナビ・専用3
タイトル3
07年 2月 8日 「あいち海上の森センター」が自然関係「愛知県施設=9、森林・環境関連施設及び団体=29、環境団体NPO=60」合計98団体・施設に、相互の情報交換やネットワークづくりを目的とする意見交換会を呼びかけた。
07年 3月 4日 「自然関係施設・活動団体等意見交換会」をあいち海上の森センターで実施(以後、同所で開催)。11施設25団体から41名が参加(事務局を除く)。
連絡協議会の設立について意見交換の結果、設立に向けて合意。
07年 4月28 第2回「自然関係施設・活動団体等意見交換会」実施。協議会の名称、規約、活動案などについて意見交換。
2施設・8団体の設立準備委員を選任し設立準備会を立ち上げた。
07年 6月26 第1回設立準備会開催。
15委員を確定。設立趣意書、規約などについて検討。
07年 8月 1 第2回設立準備会開催。
会の名称を「あいち自然関係団体・施設連絡協議会」と決定。設立趣意書、規約、会費について検討。
07年 9月12 第3回設立準備会。
設立趣意書、規約ともに最終案がまとまる。愛称や設立総会も議題とした。
071011 第4回設立準備会。設立趣意書、規約ともに準備委員会一同として最終決定。
また愛称を「あいち自然ネット」とし、会長・副会長・幹事など役員を選任。設立総会を1222日と決定。
0712月 4日 第5回設立準備会。
設立総会開催にむけて、スタッフの確保、総会の議事進行、広報など参加呼び掛けなどについて協議。
0712月22日 「あいち自然関係団体・施設連絡協議会」設立総会開催。

                            設立趣意書


 愛知万博での取組みをきっかけとして、環境に対する人々の意識が高まり、行政、NPO、地域団体、市民等、様々な立場から自然環境の保護や里山の保全活動が広がりを持ってきました。しかしながら、自然というフィールドを同じくしているのにも関わらず、それぞれの自然関係施設や活動団体が結びつく機会が少ないなどの理由から、活動の広がりや持続性に行き詰まりが見え、せっかくの取組みが埋れてしまうという現実もあります。
 人と自然の豊かな関係を通して、持続可能な社会を築くためには、学校や地域において自然に親しみ、自然から学ぶ環境学習の取組みの輪を広げていくこと、また、里山の保全や耕作放棄地の再生など、身近な自然を生かした地域活動や地域づくりが急がれます。
 さらには、生物多様性の保全についての社会的関心の高まりを背景として、原生的な自然だけでなく、身近な自然や生態系の保全に協働して取り組んでいこうとする気運を高めることや、自然とのふれあいを通じて、心のゆとりや癒しを求めるニーズに応えていくことも必要です。
私たちは、自然環境についてこれまでに議論されてきた思想の蓄積と活動の財産を次の世代へ継承、さらに発展させていくために、様々な立場の活動団体と自然関係施設がネットワークを形成し、情報交換、連携活動、企画提案、協力協働による自然に関する普及啓発や活動の質的向上、人材育成を図ります。
 また、愛知万博の開催地で市民活動の原点である海上の森において「あいち海上の森センター」との協働・連携による、自然や森林に関する学習や交流等を推進します。さらに、他分野の連絡協議体や全国に向けてネットワークの輪を広げていくことを目指して「あいち自然環境団体・施設連絡協議会」をここに設立します。

  平成19年10月11日
                                                                         あいち自然環境団体・施設連絡協議会
                                                                                    設立準備会委員一同
タイトル31
役 職 氏   名       団 体 ・ 施 設 名
会 長 宮永  正義  海上の森 野鳥の会 代表
副会長
(2名)
青山  裕子  愛知県シェアリングゲーム協会 理事長
宮崎  喜一  ART&LIFE自然学校 代表
事務局長 小林    敬  あいち海上の森センター 所長
幹 事
(9名)
大澤  秀文  森林インストラクター会 ”愛” 代表
大谷  俊和  愛知県自然観察指導員連絡協議会 会長
鬼頭  俊雄  特定非営利活動法人 矢作川と三河武士フォーラム 理事長
齊竹  善行  尾張自然観察会 会長
柴田  健司  豊川流域自然学校 代表
島田  勝彦  大府市自然体験学習施設二ツ池セレトナ 館長
齊竹  善行  尾張自然観察会 会長
宗宮  弘明  特定非営利活動法人 平針里山保全協議会 代表
平野  幸治  特定非営利活動法人 海上の森の会 副理事長
監 事
(2名)
井藤  恵美子  森と水の会 代表 
伊藤  正尚  長久手市平成こども塾 長久手市くらし文化部生涯学習課長 
事務局       あいち海上の森センター
タイトル32
ART&LIFE自然学校 16 森林インストラクター会 ”愛”
あいち海上の森大学同窓会 17 親林会
愛知県シェアリングゲーム協会 18 NPO法人 東海自然学園
愛知県自然観察指導員連絡協議会 19 豊川流域自然学校
愛知県保険医協会 公害環境対策部 20 豊田市自然観察の森
社団法人 愛知青少年育成協会 21 長久手市平成こども塾
アジアの浅瀬と干潟を守る会 22 日本野鳥の会 愛知県支部
渥美自然の会 23 ネイチャークラブ東海
アトリエフラワー・チャイルド 24 ビオトープ・ネットワーク中部
10 特定非営利活動法人 犬山里山学研究所 25 平針の里山保全協議会
11 大府市自然体験学習施設 二ツ池セレトナ 26 特定非営利活動法人 藤前干潟を守る会
12 尾張自然観察会 27 みどりのまちづくりグループ
13 特定非営利活動法人 海上の森の会 28 森と水の会
14 海上の森野鳥の会 29 特定非営利活動法人 矢作川と三河武士フォーラム
15 特定非営利活動法人 親水会 30 あいち海上の森センター
タイトル33
(名称)
第1条 会の名称は、あいち自然環境団体・施設連絡協議会(愛称「あいち自
     然ネット」)(以下「協議会」という。)と称する。

(目的)
第2条 協議会は、自然環境に関して活動している団体及び関係施設等が相
     互の情報交換及び連携強化、自然環境に関する学習や活動等の普
     及啓発の推進、質的向上を図り、もって持続可能な社会づくりに資す
     ることを目的とする。

(事業)
第3条 協議会では、次の事業を実施する。
  (1) 相互の情報交換及び連携強化に関すること
  (2) 自然に関する学習や活動等の普及啓発の推進、質的向上に関するこ
     と
  (3) あいち海上の森センターとの協働連携に関すること
  (4) その他目的を達成するために必要なこと

(会員)
第4条 協議会は、正会員及び賛助会員で構成する。
   2 正会員は、協議会の目的に賛同し、活動及び運営に携る団体及び施
     設とする。
   3 賛助会員は、協議会の目的に賛同する団体及び施設とする。

(入会及び退会)
第5条 協議会の正会員及び賛助会員として入会(及び退会)を希望するもの
     は、別に定める入会(退会)申込書を協議会会長に提出する。
   2 会費を滞納したものは、運営会議の判断により自然退会とみなすこと
     ができる。

(会費)
第6条 正会員の会費は無料とする。
   2 賛助会員については、年間一口 2,000円とし、五口以上とする。
   3 会員が脱退しても既に納入した会費は返還しない。

(役員及び組織)
第7条 協議会に次の役員を置く。
     会長1名、副会長2名程度、事務局長1名、幹事10名程度、監事2名
   2 役員は正会員である各団体・施設から選出された代表者1名の中から
     選出し、定期総会で承認を受けなければならない。
   3 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
   4 組織として、役員(監事を除く)で構成する運営会議及び事務局を置く。
(会議等)
第8条 協議会は、次の会議等を開催する。
  (1) 定期総会 年1回
  (2) 運営会議 必要に応じて会長が召集する。

(定期総会)
第9条 会長は、年1回定期総会を招集する。
   2 総会の議長は会長をもって充てる。
   3 総会の成立は、会員の3分の1以上の出席を必要とする。ただし、委任状出席
    はこれを認める。
   4 総会の議決は出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決す
    るところによる。
   5 総会は次の事項を協議する。
    (1)事業計画及び予算
    (2)事業報告及び決算
    (3)規約の改正
    (4)役員の選出
    (5)その他事項
(運営会議)
第10条 運営会議は、役員をもって構成する。
   2 運営会議は、次の事項を議決する。
    (1)総会に付議すべき事項
    (2)総会で議決した事項の執行に関する事項
    (3)その他総会の議決を要しない会務の執行に関する事項
   3 運営会議は、役員の過半数の出席をもって成立するものとし、議長は会
     長があたる。ただし、委任状出席はこれを認める。
   4 運営会議での議事は、運営会議出席者の過半数をもって決し、可否同
     数のときは、議長の決するところによる。
   5 運営会議の議事については、議事録を作成し、会員に通知しなければ
     ならない。
(会計)
第11条 協議会の会計は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。但
      し、設立年度については、設立総会の日から、翌年3月31日までとす
      る。

(事務局)
第12条 協議会の事務局は、当分の間あいち海上の森センターとする。

(その他)
第13条 この規約に定めない事項については、運営会議で協議し定期総会に
      おいて決定する。

付 則   この規約は、平成19年12月22日から施行する。
付 則   この規約は、平成21年4月26日から施行する。
付 則   この規約は、平成22年4月25日から施行する。
付 則   この規約は、平成26年4月12日から施行する。
付 則   この規約は、平成28年4月9日から施行する。

               
四季3


TOP矢3 / HOME / 活動記録 / 会員紹介 / 会員の近況

                                                   Copyrights Ⓒ 2008 Aichi Shizen Net. All Rights Reserved
inserted by FC2 system